• 2020.03.31

【連載】第10回:コラム―東電幹部の刑事責任は明らかに

【連載】『原発ゼロ社会への道 2017』論点紹介 第10回 第1章 東電福島原発事故の被害と根本問題 テーマ3: 原発事故の責任の所在を問う 3-3.コラム―東電幹部の刑事責任は明らかに (pp.66-67)   注:このブログ記事は、原子力市民委員会が2017年12月に発行した『原発ゼロ社会への道 2017』に掲載のコラムをもとにしているため、現状と一部異なる記述があります。 東電は推 […]

  • 2020.03.26

【連載】第9回:錯綜する「責任」の所在を問う―2

【連載】『原発ゼロ社会への道 2017』論点紹介 第9回 第1章 東電福島原発事故の被害と根本問題 テーマ3: 原発事故の責任の所在を問う 3-2. 錯綜する「責任」の所在を問う―2 (pp.60-61)     今回は、前回に引き続き、原発事故における錯綜する「責任」の問題について、その概要を紹介する。前回は「原発事故を発生させた責任」について述べてきた。今回は、「事故の被害 […]

  • 2020.03.17

【連載】第8回:錯綜する「責任」の所在を問う―1

【連載】『原発ゼロ社会への道 2017』論点紹介 第8回 第1章 東電福島原発事故の被害と根本問題 テーマ3: 原発事故の責任の所在を問う 3-1. 錯綜する「責任」の所在を問う―1 (pp.59-60)     原子力市民委員会が2017年12月に発行した『原発ゼロ社会への道 2017―脱原子力政策の実現のために』は、全310ページと分厚く、カバーしているテーマは多岐にわたり […]

  • 2020.03.12

映画『Fukushima 50』と『チェルノブイリ』

3月1日(土)に、パソコン上で5時間の大作『チェルノブイリ』を、3月9日(月)に映画館で『Fukushima 50』を見た。前者は1986年の事故から34年もの歳月が経過しており、後者は9年経過したのみという違いがある。また、それぞれの映画製作における国柄の違いもあるように思われるが、テイストがずいぶん違う。以下に率直な感想を記してみたい。 ***** 1.重点の相異 『チェルノブイリ』は、事故の […]

  • 2020.03.10

【連載】第7回:「被害」とは何か―2

【連載】『原発ゼロ社会への道 2017』論点紹介 第7回 第1章 東電福島原発事故の被害と根本問題 テーマ2: 被災者の「健康被害」を捉え直す 2-2. 「被害」とは何か―2 (pp.55-58)     今回は前回(連載第6回:「被害」とは何か―1)に引き続き、被災者の健康状態における社会・心理的影響に注目する。特に、被災者の苦しみの実情に迫り、福島原発事故における「被害」と […]

  • 2020.03.02

【連載】第6回:「被害」とは何か―1

【連載】『原発ゼロ社会への道 2017』論点紹介 第6回 第1章 東電福島原発事故の被害と根本問題 テーマ2: 被災者の「健康被害」を捉え直す 2-2. 「被害」とは何か―1 (pp.51-54)     放射能による健康影響に関する議論は、課題が多く残されていることは明らかだ。しかし、被災者の苦しみはそれだけではない。事故によって深刻な社会・心理的影響が生じていることに関する […]

  • 2020.03.02

【連載】第5回:被ばくと甲状腺がんの関係性をめぐって

【連載】『原発ゼロ社会への道 2017』論点紹介 第5回 第1章 東電福島原発事故の被害と根本問題 テーマ2: 被災者の「健康被害」を捉え直す 2-1. 被ばくと甲状腺がんの関係性をめぐって (pp.44-46)     原子力市民委員会が2017年12月に発行した『原発ゼロ社会への道 2017―脱原子力政策の実現のために』は、全310ページと分厚く、カバーしているテーマは多岐 […]

  • 2020.02.27

【連載】第4回:コラム―国際法上の「国内避難民(IDPs)」としての原発事故避難者

【連載】『原発ゼロ社会への道 2017』論点紹介 第4回 第1章 東電福島原発事故の被害と根本問題 テーマ1: 福島原発事故後の避難をめぐる「現状」と向き合う 1-4.コラム:国際法上の「国内避難民(IDPs)」としての 原発事故避難者(pp.42-43)     国際的な人道支援システム(国連諸機関、各国政府、NGOなどが連携して人道支援にあたるためのルールと実行体制)におい […]

  • 2020.02.26

【連載】第3回:自主避難者の切り捨てと自治体による独自支援策

【連載】『原発ゼロ社会への道 2017』論点紹介 第3回 第1章 東電福島原発事故の被害と根本問題 テーマ1: 福島原発事故後の避難をめぐる「現状」と向き合う 1-3.自主避難者の切り捨てと自治体による独自支援策 (pp.40-41)   2017年3月、多くの避難者の暮らしを支えてきた国による無償住宅供与が打ち切られた。その対象となったのは、政府指示の避難区域外からの避難者、いわゆる「 […]

  • 2020.02.12

【連載】第2回:避難をめぐる主権のありか

【連載】『原発ゼロ社会への道 2017』論点紹介 第2回 第1章 東電福島原発事故の被害と根本問題 テーマ1: 福島原発事故後の避難をめぐる「現状」と向き合う   1-2.避難をめぐる主権のありか(pp.35-40)   日本政府は、2015年6月12日に「原子力災害からの福島復興の加速のための基本指針」を閣議決定し、居住制限区域、避難指示解除準備区域を、遅くとも2017年3月までに解除する方針を […]

1 4